毒味/毒見(読み)ドクミ

デジタル大辞泉の解説

どく‐み【毒味/毒見】

[名](スル)
飲食物を人に進める前に飲食してみて、毒物の有無を確かめること。「―役」
料理の味加減をみること。「―して塩を少し足す」
[補説]「味」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どくみ【毒味】

飲食物を進める際,それが無毒,無害であることを証するために行う試飲,試食。また,味かげんの良否を試すことをもいう。〈毒見〉とも書く。古今東西毒殺の例はきわめて多く,それを未然に防ぐために行われた。令制下の日本では,宮内省内膳司の長官である奉膳が,天皇の食事の毒味をすることになっていた。また,元日の屠蘇(とそ)を進めるにあたっては未婚の少女の中から選ばれた薬子(くすりこ∥くすこ)が試飲の役にあたった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android