春日祭(読み)かすがさい

日本大百科全書(ニッポニカ)「春日祭」の解説

春日祭
かすがさい

3月13日に行われる奈良市春日大社例祭。「かすがまつり」、申祭(さるまつり)ともいう。仁明(にんみょう)天皇の850年(嘉祥3)に始まったといわれ、清和(せいわ)天皇の859年(貞観1)11月9日の庚申(こうしん)の夜執行されて以来、春2月、冬11月の上の申(さる)の日を祭日と定められたため、申祭の名がある。明治以降3月13日となり現在に至っている。神宝奉奠(ほうてん)、稲垣の懸税(かけぢから)をはじめ、着到の儀、御棚(おたな)奉奠、饗饌(きょうせん)、和舞(やまとまい)、見、賜禄(しろく)、拝舞などが行われるが、神饌の御棚は勅使自らの手により奉奠される。神饌は『延喜式(えんぎしき)』にみえるそのままが現在も供えられている。また和舞は大和(やまと)地方の風俗舞で、古くより春日祭に奏されてきたことが『貞観儀式(じょうがんぎしき)』などによりうかがわれる。

[落合偉洲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「春日祭」の解説

かすが‐まつり【春日祭】

〘名〙 奈良の春日大社の祭礼。陰暦二月、一一月の上申の日に行なわれた(現在は三月一三日)。平安初期から行なわれ、藤原氏の栄華を反映して盛大をきわめた。特に貞観年間(八五九‐八七七)には伊勢の斎宮、賀茂の斎院にならって春日斎女が置かれて、祭礼も壮観を呈した。朝廷をはじめ、東宮、中宮、氏人などから奉幣があり、近衛府からは神馬を献ずる春日祭使(かすがさいし)が派遣され、その行装は華麗であった。かすがのまつり。《・春》
※三代実録‐貞観元年(859)二月一〇日「春日祭如常」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「春日祭」の解説

春日祭【かすがまつり】

春日大社の例祭。古くは2月と11月の上申(さる)の日に行われ,申まつりと称されたが,1886年に3月13日に改められた。古式にのっとった諸儀式,東遊(あずまあそび)などの舞楽が奏される。石清水祭賀茂祭葵祭)とともに三勅祭という。
→関連項目祭日

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「春日祭」の解説

かすがさい【春日祭】

〈かすがまつり〉ともいう。奈良市春日野町に鎮座する春日大社の例祭。賀茂祭((あおい)祭),石清水(いわしみず)祭と並ぶ三大勅祭の一つ。起源については諸説あるが,850年(嘉祥3)を創始の時期とする説が有力である。古くは毎年旧暦の2月と11月の上申の日に行われ,これを申祭(さるまつり)とも称した。1886年からは3月13日に行われている。当社は藤原氏の氏神であることから藤原氏の氏長者うじのちようじや)が祭祀を行い,上卿と弁とが奉行し,官使として近衛使,中宮使が参向して奉幣した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の春日祭の言及

【春日祭】より

…藤原氏の隆盛とともに朝野の崇敬をあつめ祭典は盛大を極めた。また,伊勢の斎宮,賀茂の斎院に準じて春日には斎女が置かれ,869年(貞観11)から春日祭に参向した。祭儀は,祭りの前日斎女が京都を出発,大和の国司は国境まで出迎え,佐保頓舎に至る。…

※「春日祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android