コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師寺氏 やくしじうじ

世界大百科事典 第2版の解説

やくしじうじ【薬師寺氏】

下野の中世武家。小山(おやま)氏の支族。小山朝政の孫朝村が,寛喜年間(1229‐32)下野河内郡薬師寺の地に城を築き,ここを本拠として,薬師寺氏を名のったことに由来する。南北朝内乱期に高師直に仕えた薬師寺公儀(義)が有名。公儀は観応の擾乱(じようらん)のさい師直方としてたたかったが,1351年(正平6∥観応2)2月兵庫御影浜の合戦のさいにおける師直への諫言が入れられず,高野山へ逃れて出家し(法名元可),ほどなく本領へ帰った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

薬師寺氏の関連キーワード小山朝村香西氏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬師寺氏の関連情報