諫言(読み)カンゲン

  • ×諫言
  • いさめごと

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「いさめこと」) 禁じたこと。禁じたことば。禁制。諫言(かんげん)
※書紀(720)用明元年五月(図書寮本訓)「皇子乃ち諫(イサメコト)に従ひて止(や)みぬ」
〘名〙
① 目上の人の欠点や過失を指摘して忠告すること。諫(いさ)めること。また、その言葉。
※太平記(14C後)五「雖諫言(カンケン)世人豈其無罪許哉」 〔北周書‐憑景〕
② いましめること。きびしく注意すること。
※太平記(14C後)二二「三千余騎の兵共、大将の諫言(カンゲン)に力を得て、十六騎の敵を真中にをっ取り籠め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の諫言の言及

【五諫】より

…中国で君主をいさめる五つの方法。専制政治では君主の一方的な意志に終わりがちであるので,これを是正するために君主の心情に応じた臣下の諫言が必要となる。五諫は孔子が〈諫に五あり云々〉と述べたという伝えによるもので,その内容には諸説がある。…

【武士道】より

… 士道と武士道とは主従関係のとらえ方においても異なる。主君に対する諫言(かんげん)について,士道は諫言をいれない主君,つまり道を実現する可能性のない主君の下にとどまるべきでないという。これに対して武士道では,諫言をいれないときにも,いよいよ主君の味方となり,主君の悪が外部にもれないようにし,主君の悪を己にひきかぶりつつ諫言をつづけるべきであるという。…

※「諫言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諫言の関連情報