薹が立つ(読み)トウガタツ

デジタル大辞泉の解説

薹(とう)が立・つ

野菜などの花茎が伸びてかたくなり、食用に適する時期を過ぎる。
盛りが過ぎる。年ごろが過ぎる。「新人というには―・っている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうがたつ【薹が立つ】

野菜などの花茎が伸びて硬くなり食べ頃を過ぎる。
若い盛りの時期が過ぎる。年頃が過ぎる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう【薹】=が[=に]立(た)

① 野菜などの花茎が生じ、伸びる。花茎が伸び過ぎ、かたくなって食べ頃が過ぎてしまう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 人が、その目的に最適の年齢を過ぎてしまう。盛りが過ぎる。男女の婚期についていうことが多い。
※歌舞伎・染竹春駒(1814)三幕「この親仁(おやぢ)は、護摩(ごま)の灰の薹(タウ)の立(タ)ったのであらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android