藍蝋(読み)アイロウ

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐ろう あゐラフ【藍蝋】

〘名〙 藍汁をつくる時に生じた藍のあわを乾かして、棒状にしたもの。蝋のような形状になる。絵の具に使用。現在では、古い藍布を苛性ソーダ、あめ、石灰などを加えた液中に入れ、煮出し、その藍分を棒状にして作ることが多い。藍棒。藍蝋墨。藍墨青墨
※高野山文書‐寛永元年(1624)一一月一四日・天野社遷宮入用注文案「二升九合四夕、あいろうの代」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android