藍鼠(読み)あいねず

色名がわかる辞典の解説

あいねず【藍鼠】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い灰みの青」としている。「あいねずみ」とも読む。一般に、やや藍色が加わった鼠色をさす。江戸時代、高価な染料である紫根しこん紅花べにはななどを使った染め物が禁じられたため、庶民は安価な染料で染められる茶色系統、鼠色系統、紺色系統の組み合わせを増やしてお洒落しゃれを楽しんだ。藍鼠はその一つ。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐ねずみ あゐ‥【藍鼠】

〘名〙 染色の名。濃い青色がかった鼠色。藍色を帯びた鼠色。あいけねずみ。あいねず。
※談義本・当世穴穿(1769‐71)二「ろかう茶やあい鼠(ネズミ)をきせ、金もおるの帯に丸ぐけのこしおびさせて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android