コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井宣界 ふじい せんかい

1件 の用語解説(藤井宣界の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井宣界 ふじい-せんかい

1811-1890 江戸後期-明治時代の僧。
文化8年生まれ。浄土真宗本願寺派。郷里越後(えちご)(新潟県)の光西寺の住職。正念寺の崑崙(こんろん)社にはいり,興隆らにまなぶ。のち自坊に私塾(徳水社)をひらき,子弟の教育にあたる。慶応3年司教,明治16年勧学となった。明治23年2月28日死去。80歳。著作に「起信論義記拾遺録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤井宣界の関連キーワードドイツ映画チェコ文学坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記造船業村上英俊村上英俊

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone