藤井瑞叔(読み)ふじい ずいし

  • 藤井瑞叔 ふじい-ずいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1866-1905 明治時代の僧。
慶応2年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都妙光寺をへて建仁寺(けんにんじ)霊洞院の住職となり,200年あまり廃絶していた専門道場を明治24年再建。38年満州(中国東北部)安東県にわたって臨済寺をひらいたが,病により大阪にかえり,同年12月25日死去。40歳。俗名は幸三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android