コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨済寺 リンザイジ

百科事典マイペディアの解説

臨済寺【りんざいじ】

静岡市にある臨済宗妙心寺派の寺。今川義元(よしもと)創建の善徳(ぜんとく)院を前身とし,1536年今川氏輝(うじてる)(法名臨済寺殿)没後寺に改めたという。勧請開山大休(だいきゅう),初代住持太原崇孚(たいげんすうふ)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんざいじ【臨済寺】

静岡市大岩にある臨済宗妙心寺派の寺。山号は大竜山。前身は今川義元創建の善得院で,1536年(天文5)守護今川氏輝が同院で逝去すると墓所を設けて寺に改め,氏輝の法名臨済寺殿用山玄公をもって寺号とした。初代住持に今川氏重臣庵原氏出身の太原崇孚(たいげんすうふ)が招かれたが,1548年(天文17)太原は師の大休宗休(妙心寺第25世住持)を開山に勧請し,みずからは2世住持となった。後奈良天皇によって勅願所とされ,今川氏は多くの寺領を寄進し,1534年には駿河・遠江に9ヵ所を確認できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんざいじ【臨済寺】

静岡市大岩町にある臨済宗妙心寺派の寺。山号、大竜山。1536年今川氏輝の墓所を設け寺として開基。徳川家康は幼時、人質としてここに住み、太原崇孚たいげんすうふに学んだ。池庭は名園として有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨済寺
りんざいじ

静岡市葵(あおい)区大岩にある臨済宗妙心寺派の寺。大竜山(だいりゅうざん)と号する。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。享禄(きょうろく)年間(1528~32)今川義元(よしもと)が建立、初め善得院と称したが、1536年(天文5)住職雪斎太原(せっさいたいげん)は後奈良(ごなら)天皇の師にあたる大休宗休(だいきゅうそうきゅう)を勧請(かんじょう)開山として臨済寺と改称し、天皇の勅願寺となった。賤機(しずはた)山の山麓(さんろく)にあり、徳川家康が幼少時に今川家の人質として過ごし、雪斎の教育を受けた寺として名高い。天正(てんしょう)年間(1573~92)兵火により焼失するも家康によって再興された。方丈庭園は江戸時代作庭の三段池泉回遊式庭園で国名勝に指定されている。寺宝に絹本着色大休和尚(おしょう)画像、千鳥六曲屏風(びょうぶ)、鉄山和尚語録などが県重要文化財に指定されている。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の臨済寺の言及

【賤機山】より

…山頂には賤機山公園があり,静岡市街,日本平,富士山,伊豆半島などを望むことができる。東麓には今川義元の開山した臨済寺,南麓に賤機山古墳,浅間(せんげん)神社がある。賤機山の別名〈賤ヶ丘〉は静岡の地名の由来となった。…

【太原崇孚】より

…のち京都建仁寺の竜堂常庵に参学し,妙心寺霊雲院の大休宗休の法を継いで弟子となった。1536年(天文5)今川義元が兄氏輝の菩提のために臨済寺(静岡市)を開創すると,その開山に師の大休を招き,みずからは2世として住持に就き,善得寺,庵原郡清見寺の住持をも兼ねた。太原は今川氏の重臣の家に生まれたことや義元とともに寺院で修行したこともあって,同氏の執事として活躍し,相模,伊豆,三河へと出陣した。…

※「臨済寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨済寺の関連キーワード愛知県豊橋市東田町静岡(市)藤井瑞叔海山宗恪平林寺静岡市北川殿名園正定開基

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨済寺の関連情報