コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原全子 ふじわらの ぜんし

2件 の用語解説(藤原全子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原全子 ふじわらの-ぜんし

1060-1150 平安時代後期の女性。
康平3年生まれ。藤原俊家の娘。藤原師通(もろみち)との間に忠実(ただざね)を生むが,まもなく離別。天永3年(1112)忠実が摂政・太政大臣となるにともない無位より従三位とされ,のち従一位,准三宮(じゅさんぐう)。一条殿とよばれる。久安6年11月5日死去。91歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原全子

没年:久安6.11.5(1150.11.25)
生年:康平3(1060)
平安後期の貴族の女性。藤原俊家の娘。藤原師通の妻,忠実の母。承保3(1076)年師通を婿とし,承暦2(1078)年に忠実を生んだが,数年後離別。しかし子忠実との関係は緊密で,天永3(1112)年,摂関の母が無位であるのは未曾有として従三位に叙される。永久3(1115)年従一位。その後忠実の宇治籠居に伴い宇治に移る。大治1(1126)年出家。久安6(1150)年に准三后となり,同年宇治で没する。翌年,摂関家の墓地である木幡に改葬された。『台記』には,師通に去られた全子が亡父の画像に報怨を祈願した結果,師通が早世したという忠実の談話が記されている。<参考文献>高群逸枝『平安鎌倉室町家族の研究』

(中込律子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原全子の関連キーワード藤原俊忠美福門院加賀藤原祇子藤原光子藤原実行藤原俊家藤原成家藤原光長(1)藤原宗俊源麗子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone