コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊家 ふじわらの としいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊家 ふじわらの-としいえ

1019-1082 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
寛仁(かんにん)3年生まれ。藤原頼宗の次男。母は藤原伊周(これちか)の娘。長暦(ちょうりゃく)2年(1038)参議。大蔵卿,検非違使(けびいしの)別当,民部卿などを歴任。正二位にすすみ,承暦(じょうりゃく)4年(1080)右大臣。大宮右府とよばれる。音楽にすぐれて逸話がおおい。永保2年10月2日死去。64歳。日記に「大右(だいゆう)記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原俊家の関連キーワードヤロスラフ1世(賢公)ヤロスラフ藤原道長徽宗アサヒコーポレーションHIV感染者イスタンブール赤壁賦つべし徽宗

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone