コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊家 ふじわらの としいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊家 ふじわらの-としいえ

1019-1082 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
寛仁(かんにん)3年生まれ。藤原頼宗の次男。母は藤原伊周(これちか)の娘。長暦(ちょうりゃく)2年(1038)参議大蔵卿,検非違使(けびいしの)別当,民部卿などを歴任。正二位にすすみ,承暦(じょうりゃく)4年(1080)右大臣。大宮右府とよばれる。音楽にすぐれて逸話がおおい。永保2年10月2日死去。64歳。日記に「大右(だいゆう)記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原俊家の関連キーワード藤原全子藤原宗俊藤原忠実藤原宗通藤原基俊藤原基頼多政方公卿寛仁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android