コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公経(1) ふじわらの きんつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原公経(1) ふじわらの-きんつね

?-1099 平安時代中期-後期の官吏。
藤原成尹の子。母は源光忠の娘。成尹の叔父藤原重尹(しげただ)の養子。主殿頭(とのものかみ),河内守(かわちのかみ)などをつとめ,従四位上にいたる。吟詠をこのみ,書をよくした。歌は「後拾遺和歌集」に1首。承徳(じょうとく)3年7月23日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原公経(1)の関連キーワード康和ウルバヌスウルバヌスウルバヌス2世パスカリス2世新・栃木市愛知県の人口康和サンパウロ州エルシッド

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android