コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルバヌス2世 ウルバヌスにせいUrbanus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルバヌス2世
ウルバヌスにせい
Urbanus II

[生]1035頃. フランス,シャティヨンシュルマルヌ?
[没]1099.7.29. ローマ
フランス出身の第159代教皇(在位 1088~99)。福者。本名 Odon; Eudes。ベネディクト会士(→ベネディクト会)。貴族出身で,1070年頃クリュニー修道院で修道士となる。1078年に教皇グレゴリウス7世によりオスチア司教と枢機卿(→カーディナル)に叙任された。1084年,叙任権論争で教皇と対立した神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の軍がローマを包囲し,皇帝が擁立した対立教皇勢力によって追放されたが,1088年3月にローマの南,テッラチーナで教皇に選出された。グレゴリウス7世の教会改革を引き継いで推進し,聖職売買と俗人による聖職叙階を禁じ,東西両教会の分裂からの再統合に努めた。1095年のクレルモン教会会議では十字軍を提唱。翌 1096年に十字軍が派遣され,1099年にトルコ軍から聖地を奪還,エルサレム王国が建設された。また 1088年にはベルベル人から奪回したスペイントレド大司教区(→トレド)を再建するなど,教皇権を高揚させた。ケルンブルーノは友人であり助言者であった。1881年教皇レオ13世により列福された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウルバヌス2世の関連キーワードクヌートクヌット[2世]クヌートハロルド1世ウィリアム(1世)人工林日本の森林商業捕鯨と調査捕鯨選子内親王イスパルタ

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone