コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルバヌス ウルバヌス Urbanus

2件 の用語解説(ウルバヌスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウルバヌス(Urbanus)

ローマ教皇の名。
(2世)[1042ころ~1099]在位1088~1099。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世やフランス王フィリップ1世と争い、教皇権伸長に努めた。クレルモン公会議で、第1回十字軍を提唱。
(6世)[1318~1389]在位1378~1389。高位聖職者たちの改革を行ったため、反対者が新教皇クレメンス7世を立て、教会大分立が始まった。
(8世)[1568~1644]在位1623~1644。ジャンセニスムを禁止。ガリレオ宗教裁判にかけた。バロック時代ローマの最も輝かしい教皇とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ウルバヌス【Urbanus】

(二世)(1042頃~1099) ローマ教皇(在位1088~1099)。クリュニー修道院出身。政治的手腕に優れた教皇としてヨーロッパに君臨。クレルモン公会議で俗人による叙任権禁止を確認し教皇権を強化、同時に第一次十字軍を提唱。
(六世)(1318頃~1389) ローマ教皇(在位1378~1389)。イタリア人。アビニョンにフランス系の枢機卿たちが擁立したクレメンス七世と対立、大シスマ(分裂)として歴史上著名な対立教皇時代を招来した。
(八世)(1568~1644) ローマ教皇(在位1623~1644)。フィレンツェ出身。教会改革を行なってラザリスト会などを認可して布教に努めた一方、ガリレイ・ヤンセンらを異端として迫害した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウルバヌスの関連キーワードクレメンスボニファチウスレオローマ教皇庁ヨハネスローマ教皇パッパローマ教会グレゴリウス[7世]ヨハネス[12世]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルバヌスの関連情報