コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルバヌス ウルバヌスUrbanus

2件 の用語解説(ウルバヌスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウルバヌス(Urbanus)

ローマ教皇の名。
(2世)[1042ころ~1099]在位1088~1099。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世やフランス王フィリップ1世と争い、教皇権伸長に努めた。クレルモン公会議で、第1回十字軍を提唱。
(6世)[1318~1389]在位1378~1389。高位聖職者たちの改革を行ったため、反対者が新教皇クレメンス7世を立て、教会大分立が始まった。
(8世)[1568~1644]在位1623~1644。ジャンセニスムを禁止。ガリレオ宗教裁判にかけた。バロック時代ローマの最も輝かしい教皇とされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ウルバヌス【Urbanus】

(二世)(1042頃~1099) ローマ教皇(在位1088~1099)。クリュニー修道院出身。政治的手腕に優れた教皇としてヨーロッパに君臨。クレルモン公会議で俗人による叙任権禁止を確認し教皇権を強化、同時に第一次十字軍を提唱。
(六世)(1318頃~1389) ローマ教皇(在位1378~1389)。イタリア人。アビニョンにフランス系の枢機卿たちが擁立したクレメンス七世と対立、大シスマ(分裂)として歴史上著名な対立教皇時代を招来した。
(八世)(1568~1644) ローマ教皇(在位1623~1644)。フィレンツェ出身。教会改革を行なってラザリスト会などを認可して布教に努めた一方、ガリレイ・ヤンセンらを異端として迫害した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ウルバヌスの関連キーワードゾエEdward the Confessorデーン人アティーシャエドワード[懺悔王]藤原敦宗藤原延子藤原資房藤原師実懺悔王

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウルバヌスの関連情報