コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康和 コウワ

デジタル大辞泉の解説

こうわ〔カウワ〕【康和】

平安後期、堀河天皇の時の年号。1099年8月28日~1104年2月10日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうわ【康和】

年号(1099.8.28~1104.2.10)。承徳の後、長治の前。堀河天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうわ【康和】

日本の元号(年号)。平安時代の1099年から1104年まで、堀河(ほりかわ)天皇の代の元号。前元号は承徳(じょうとく)。次元号は長治(ちょうじ)。1099年(承徳3)8月28日改元。地震と疾病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『崔寔政論(さいしょくせいろん)』『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。この頃、白河(しらかわ)上皇による院政が行われていた。1099年(康和1)、白河上皇宣旨を下して荘園の新設を停止させた(康和の荘園停止令)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

康和の関連キーワード俊子内親王家河内禎子内親王(1)熱田大宮司季兼堀河院中宮上総後二条師通記悰子内親王頼助(1)肥後(1)娟子内親王藤原親隆藤原苡子藤原悦子藤原忠隆藤原師実祝部成仲災異改元津守国基安倍季政三条公教高階為章

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康和の関連情報