コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原実長 ふじわらの さねなが

2件 の用語解説(藤原実長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原実長 ふじわらの-さねなが

1128-1183* 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
大治(だいじ)3年生まれ。藤原公行(きんゆき)の長男。三条実行の孫。蔵人頭(くろうどのとう)をへて保元(ほうげん)元年(1156)参議。権(ごんの)大納言にすすみ,正二位にいたる。寿永元年12月27日死去。55歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原実長

没年:寿永1.12.27(1183.1.22)
生年:大治3?(1128)
平安後期の公卿。参議藤原公行と源顕頼の娘の子。叙爵以来順調に昇進し,頭中将などを経て権大納言,正二位に至る。寿永1(1182)年所労により出家,没した。『今鏡』によれば「みめよき上達部」であったという。

(木村真美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原実長の関連キーワード鎌倉幕府平教盛藤原実長後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛平知度藤原景高藤原光能俣野景久

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone