藤原幸子(読み)ふじわらの こうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原幸子 ふじわらの-こうし

1112-1155 平安時代後期の女性。
天永3年生まれ。徳大寺実能(さねよし)の娘。母は葉室顕隆(あきたか)の娘。藤原頼長の正妻。子はなく,弟公能(きんよし)の娘多子(のちの近衛(このえ)天皇の皇后)を養女とした。従三位。久寿2年6月1日死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原幸子

生年:生没年不詳
平安後期,藤原頼長の北政所。藤原実能と藤原顕隆の娘の子。二条天皇の皇后育子の姉。待賢門院璋子は父実能の妹で叔母に当たる。頼長は男女いずれに対しても好色で知られるが,幸子は嫡室として大切にされたようである。子供はいない。婚儀は頼長14歳,幸子22歳の年。<参考文献>『台記

(楢原潤子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android