コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原御楯 ふじわらの みたて

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原御楯 ふじわらの-みたて

715-764 奈良時代の公卿(くぎょう)。
霊亀(れいき)元年生まれ。北家藤原房前(ふささき)の6男。母は牟漏(むろの)女王。美濃守(みののかみ)をへて天平宝字(てんぴょうほうじ)3年参議。授刀督(たちはきのかみ),伊賀近江按察使(いがおうみあぜち)となり,妻児従(こより)の父藤原仲麻呂の政権をささえた。従三位。天平宝字8年6月9日死去。50歳。初名は千尋(ちひろ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原御楯の関連キーワード藤原児従藤原千尋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android