コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原有蔭 ふじわらの ありかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原有蔭 ふじわらの-ありかげ

824-886* 平安時代前期の官吏。
天長元年生まれ。南家藤原雄友(おとも)の曾孫(そうそん)。仁寿(にんじゅ)元年大宰少監(だざいのしょうげん)のとき,唐(中国)にわたる船待ち中の円珍に糧食の世話をした。肥前守(ひぜんのかみ),民部少輔(みんぶのしょう)などを歴任。清和上皇死去のとき近江(おうみ)逢坂(おうさか)の関の固関使(こげんし)をつとめる。のち左少弁,従四位下。仁和(にんな)元年12月死去。62歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原有蔭の関連キーワード紀愛宕麻呂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android