コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原範光 ふじわらの のりみつ

2件 の用語解説(藤原範光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原範光 ふじわらの-のりみつ

1154-1213 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久寿元年生まれ。藤原範兼の子。叔父範季(のりすえ)の養子。従二位,権(ごんの)中納言となる。後鳥羽(ごとば)天皇の乳母をつとめた卿局(きょうのつぼね)(兼子)の兄で,後鳥羽院政で近臣として権勢をふるった。建暦(けんりゃく)3年4月5日死去。60歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原範光

没年:建保1.4.5(1213.4.27)
生年:久寿2(1155)
鎌倉前期の公卿。権中納言従二位。刑部卿範兼と伊勢守源俊重の娘との子。後鳥羽上皇の腹心の女房卿二位の兄弟。叔父範季の猶子となる。範季と姉範子が後鳥羽上皇を養育したことから,幼少時からその側近となり,のちに「寵臣」といわれ,人事に深く介入するなど権勢を振るった。範季の娘重子(修明門院)が後鳥羽との間に守成(順徳天皇)を生むと,その乳父となり,妻季子(範季の娘)と娘憲子(源有雅の妻)が乳母となった。守成が頻繁に彼の邸宅を訪れていることや,守成が東宮となると東宮亮に任命され,のち東宮権大夫となったことから範光が守成の後見的立場にあったと思われる。承元1(1207)年3月出家。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原範光の関連キーワード建暦藤原家成久寿ノルマン朝横山時兼和田胤長和田常盛和田義盛タマラ建保

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone