コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原範光 ふじわらの のりみつ

2件 の用語解説(藤原範光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原範光 ふじわらの-のりみつ

1154-1213 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
久寿元年生まれ。藤原範兼の子。叔父範季(のりすえ)の養子。従二位,権(ごんの)中納言となる。後鳥羽(ごとば)天皇の乳母をつとめた卿局(きょうのつぼね)(兼子)の兄で,後鳥羽院政で近臣として権勢をふるった。建暦(けんりゃく)3年4月5日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原範光

没年:建保1.4.5(1213.4.27)
生年:久寿2(1155)
鎌倉前期の公卿。権中納言従二位。刑部卿範兼と伊勢守源俊重の娘との子。後鳥羽上皇の腹心の女房卿二位の兄弟。叔父範季の猶子となる。範季と姉範子が後鳥羽上皇を養育したことから,幼少時からその側近となり,のちに「寵臣」といわれ,人事に深く介入するなど権勢を振るった。範季の娘重子(修明門院)が後鳥羽との間に守成(順徳天皇)を生むと,その乳父となり,妻季子(範季の娘)と娘憲子(源有雅の妻)が乳母となった。守成が頻繁に彼の邸宅を訪れていることや,守成が東宮となると東宮亮に任命され,のち東宮権大夫となったことから範光が守成の後見的立場にあったと思われる。承元1(1207)年3月出家。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原範光の関連キーワード飛鳥井雅豊冷泉為綱竹屋光忠豊岡尚資難波宗種野宮定晴武者小路公野水無瀬兼俊六条有親小倉季種

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone