コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原育子 ふじわらの いくし

2件 の用語解説(藤原育子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原育子 ふじわらの-いくし

1146-1173 平安時代後期,二条天皇の皇后。
久安2年生まれ。徳大寺実能(さねよし)の娘。母は源顕俊の娘俊子。藤原忠通(ただみち)の養女となり,応保元年(1161)入内(じゅだい),2年中宮(ちゅうぐう)。子がなく,順仁(のぶひと)親王(六条天皇)の養母をつとめる。承安(じょうあん)2年皇后宮にうつった。承安3年8月15日死去。28歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原育子

没年:承安3.8.15(1173.9.23)
生年:久安2(1146)
平安後期,二条天皇の皇后。香子とも。関白藤原忠通と上野守源顕俊の娘との子。忠通の嫡男で当時の関白藤原基実の猶子として応保1(1161)年入内。翌年中宮。二条天皇の皇子六条天皇の養母となる。仁安3(1168)年六条天皇譲位ののち遁世。承安2(1172)年皇后宮。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原育子の関連キーワード六条天皇永万伊岐致遠女春日局(2)行恵居子女王高松院葉室光頼源重子僐子内親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone