コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原興風 ふじわらの おきかぜ

2件 の用語解説(藤原興風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原興風 ふじわらの-おきかぜ

?-? 平安時代前期-中期の官吏,歌人。
京家藤原浜成の曾孫。延喜(えんぎ)14年(914)下総権大掾(しもうさのごんのだいじょう)。正六位上にいたる。三十六歌仙のひとりで,宇多天皇のときの有力歌人。歌は「古今和歌集」以下の勅撰集に38首はいっている。管弦もよくした。家集に「興風集」。
【格言など】誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのおきかぜ【藤原興風】

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。道成の子。正六位上下総権大掾。「古今和歌集」撰者時代の有力歌人で、管絃にも優れた。「古今和歌集」以下の勅撰集に三八首入集。家集「興風集」。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原興風の関連キーワード朝右王大伴乎智人紀東人紀末成貞江継人讃岐永成讃岐当世平安典伴宗

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原興風の関連情報