コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原興風 ふじわらの おきかぜ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原興風 ふじわらの-おきかぜ

?-? 平安時代前期-中期の官吏,歌人。
京家藤原浜成の曾孫。延喜(えんぎ)14年(914)下総権大掾(しもうさのごんのだいじょう)。正六位上にいたる。三十六歌仙のひとりで,宇多天皇のときの有力歌人。歌は「古今和歌集」以下の勅撰集に38首はいっている。管弦もよくした。家集に「興風集」。
【格言など】誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに(「小倉百人一首」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのおきかぜ【藤原興風】

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。道成の子。正六位上下総権大掾。「古今和歌集」撰者時代の有力歌人で、管絃にも優れた。「古今和歌集」以下の勅撰集に三八首入集。家集「興風集」。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藤原興風の関連キーワード寛平御時后宮歌合寛平后宮歌合三十六歌仙亭子院歌合古今和歌集勅撰集

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android