藤原興風(読み)ふじわらの おきかぜ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原興風 ふじわらの-おきかぜ

?-? 平安時代前期-中期の官吏,歌人。
京家藤原浜成の曾孫。延喜(えんぎ)14年(914)下総権大掾(しもうさのごんのだいじょう)。正六位上にいたる。三十六歌仙のひとりで,宇多天皇のときの有力歌人。歌は「古今和歌集」以下の勅撰集に38首はいっている。管弦もよくした。家集に「興風集」。
【格言など】誰をかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのおきかぜ【藤原興風】

平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。道成の子。正六位上下総権大掾。「古今和歌集」撰者時代の有力歌人で、管絃にも優れた。「古今和歌集」以下の勅撰集に三八首入集。家集「興風集」。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android