コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十六歌仙 さんじゅうろっかせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三十六歌仙
さんじゅうろっかせん

すぐれた歌聖として崇拝された 36人の歌人の総称。藤原公任 (きんとう) 編の秀歌撰『三十六人撰』に選ばれた歌人で,柿本人麻呂山部赤人大伴家持 (やかもち) ら万葉歌人,猿丸大夫在原業平 (ありわらのなりひら) ,小野小町 (おののこまち) ,僧正遍昭 (へんじょう) ,藤原敏行,紀友則素性 (そせい) 法師,藤原興風 (おきかぜ) ,凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) ,坂上是則 (これのり) ,藤原兼輔 (かねすけ) ,源宗于 (むねゆき) ,伊勢,紀貫之,壬生忠岑 (みぶのただみね) ら六歌仙や『古今集』時代の歌人,藤原敦忠 (あつただ) ,源公忠 (きんただ) ,藤原清正 (きよただ) ,大中臣頼基 (おおなかとみのよりもと) ,壬生忠見,源信明 (さねあきら) ,藤原朝忠,藤原元真 (もとざね) ,源順 (したごう) ,中務 (なかつかさ) ,斎宮女御 (さいぐうのにょうご) ,平兼盛 (かねもり) ,清原元輔 (もとすけ) ,大中臣能宣 (よしのぶ) ら『後撰集』時代の歌人,藤原仲文,藤原高光,小大君 (こだいのきみ,こおおぎみ) ,源重之ら『拾遺集』時代の歌人から成る。歌仙意識はすでに『万葉集』の「山柿」や『古今集』の六歌仙などにみられ,こののちも「後六々撰」や「中古三十六歌仙」などが秀歌撰や撰歌合の形で数多く現れた。また,その肖像を描いた歌仙絵も生じ,文学史,美術史上の位置は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうろっ‐かせん〔サンジフロク‐〕【三十六歌仙】

藤原公任(ふじわらのきんとう)の「三十六人撰」に基づく36人のすぐれた歌人。柿本人麻呂大伴家持山部赤人猿丸大夫紀貫之壬生忠岑(みぶのただみね)在原業平素性(そせい)法師・坂上是則(さかのうえのこれのり)・藤原興風(ふじわらのおきかぜ)・源重之・大中臣頼基(おおなかとみのよりもと)・源公忠(みなもとのきんただ)・藤原朝忠・源順(みなもとのしたごう)平兼盛小大君(こだいのきみ)中務(なかつかさ)・藤原元真(ふじわらのもとざね)・僧正遍昭(へんじょう)小野小町紀友則凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)伊勢・藤原敏行・藤原兼輔・源宗于(みなもとのむねゆき)・斎宮女御(さいぐうのにょうご)・藤原敦忠・藤原高光・源信明(みなもとのさねあきら)・清原元輔大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)・藤原仲文・藤原清正・壬生忠見(みぶのただみ)。なお、これにならって、中古三十六歌仙・新三十六歌仙などもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三十六歌仙【さんじゅうろっかせん】

平安中期,藤原公任の編んだ歌合形式の秀歌撰《三十六人撰》に基づく36人の主要歌人のこと。柿本人麻呂紀貫之凡河内躬恒伊勢大伴家持山部赤人在原業平,僧正遍昭,素性法師,紀友則,猿丸大夫,小野小町,藤原兼輔,藤原朝忠,藤原敦忠,藤原高光,源公忠,壬生忠岑斎宮女御,大中臣(おおなかとみ)頼基,藤原敏行,源重之,源宗于(むねゆき),源信明,藤原清正,源順,藤原興風,清原元輔,坂上是則,藤原元真,小大君,藤原仲文,大中臣能宣,壬生忠見,平兼盛,中務。
→関連項目絵馬歌仙三十六歌仙絵巻私家集多武峯少将物語能因紫式部

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

三十六歌仙

藤原公任が『三十六人撰』に名を挙げた歌人。▽柿本人麻呂、紀貫之、凡河内躬恒、伊勢、大伴家持、山部赤人、在原業平、僧正遍昭、素性法師、紀友則、猿丸大夫、小野小町、藤原兼輔、藤原朝忠、藤原敦忠、藤原高光、源公忠、壬生忠岑、斎宮女御、大中臣頼基、藤原敏行、源重之、源宗于、源信明、藤原仲文、大中臣能宣、壬生忠見、平兼盛、藤原清正、源順、藤原興風、清原元輔、坂上是則、藤原元真、小大君、中務

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうろっかせん【三十六歌仙】

藤原公任による歌合形式の秀歌撰《三十六人撰》にもとづく36人の代表歌人をいう。柿本人麻呂,紀貫之,凡河内躬恒(おおしこうちのみつね),伊勢,大伴家持,山部赤人,在原業平,僧正遍昭,素性法師,紀友則,猿丸大夫,小野小町,藤原兼輔,藤原朝忠,藤原敦忠,藤原高光,源公忠,壬生忠岑,斎宮女御,大中臣頼基,藤原敏行,源重之,源宗于(むねゆき),源信明,藤原清正(きよただ),源順,藤原興風,清原元輔,坂上是則,藤原元真(もとざね),小大君,藤原仲文,大中臣能宣,壬生忠見,平兼盛,中務(なかつかさ)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうろっかせん【三十六歌仙】

藤原公任きんとうの「三十六人撰」に名をあげられた歌人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三十六歌仙
さんじゅうろっかせん

藤原公任(きんとう)(966―1041)の『三十六人撰(せん)』に選ばれている、柿本人麿(かきのもとのひとまろ)、紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)、伊勢(いせ)、大伴家持(おおとものやかもち)、山部赤人(やまべのあかひと)、在原業平(ありわらのなりひら)、遍昭(へんじょう)、素性(そせい)、紀友則(とものり)、猿丸大夫(さるまるだゆう)、小野小町(おののこまち)、藤原兼輔(かねすけ)、藤原朝忠(あさただ)、藤原敦忠(あつただ)、藤原高光(たかみつ)、源公忠(きんただ)、壬生忠岑(みぶのただみね)、斎宮女御(さいくうのにょうご)、大中臣頼基(おおなかとみのよりもと)、藤原敏行(としゆき)、源重之(しげゆき)、源宗于(むねゆき)、源信明(さねあきら)、藤原清正(きよただ)、源順(したごう)、藤原興風(おきかぜ)、清原元輔(きよはらのもとすけ)、坂上是則(さかのうえのこれのり)、藤原元真(もとざね)、小大君(こおおぎみ/こだいのきみ)、藤原仲文(なかぶみ)、大中臣能宣(よしのぶ)、壬生忠見(ただみ)、平兼盛(かねもり)、中務(なかつかさ)の36歌人に対する呼称。うち人麿、家持、赤人が万葉歌人、以下が公任時代以前の平安歌人である。『三十六人撰』は、公任と具平(ともひら)親王(964―1009)の貫之・人麿優劣論に端を発した、具平親王『三十人撰』を発展させたもので、それにある清原深養父(ふかやぶ)を除き、赤人、猿丸大夫、高光、斎宮女御、頼基、宗于、元真を加え、人麿―貫之、躬恒―伊勢各10首、遍昭―業平以下各3首、兼盛―中務各10首を、それぞれ相対させて番(つが)えた150首からなる秀歌選である。この三十六歌仙の家集を類聚したのが『三十六人集』(『歌仙家集』とも)、その略伝を漢文体で記したのが『三十六人歌仙伝』(平安後期成立)である。三十六歌仙は歌仙形式の典型として定着し、『新三十六人』(平安後期。散逸)、『後六六(のちのろくろく)撰』(藤原範兼(のりかね)。平安後期)、『女房三十六歌仙』(鎌倉時代)、『釈教三十六歌仙』(南北朝時代)などがつくられた。[杉谷寿郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三十六歌仙の言及

【歌仙絵】より

…歌仙の絵姿を描き,そこに詠歌や略伝を書き添えたもの。藤原公任撰出の三十六歌仙を描く作例が多い。平安時代の歌合の盛行は歌論の発達を促し,古今の優れた歌人に対する尊崇の念を強めた。…

※「三十六歌仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三十六歌仙の関連キーワード三十六人集三十六詩仙菅原輔昭大江千里古金鏽人源国紀馬内侍

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十六歌仙の関連情報