コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿老人 じゅろうじんShou-lao-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寿老人
じゅろうじん
Shou-lao-ren

七福神の一人。中国,宋の元祐年間の人で,星辰信仰に由来する南極星の人格化ともいわれる。長頭の老人でをつき,杖の頭に巻物をつけ,玄鹿を連れ,うちわを持つ姿で描かれる。日本にはおそらく,水墨画の画像として入り,中世商人社会で福徳施与の神として盛んに信仰された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅろうじん〔ジユラウジン〕【寿老人】

中国の伝説中の人物。宋代、元祐年間(1086~1093)の人で、頭が長く白髪、団扇(うちわ)と巻物をつけた杖(つえ)とを持ち、鹿や鶴を連れていたといわれる。日本では七福神の一。長寿を授けるという。南極老人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

寿老人【じゅろうじん】

福禄寿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿老人 じゅろうじん

七福神の一神。
長寿をさずける神。長頭の老人で,鹿(しか)をつれ,巻物をつけた杖(つえ)をもつ姿であらわされる。中国の道教に由来し,福禄寿とともに南極星の化身とされる。福禄寿と同一神とみなされ,吉祥天がかわりに七福神にくわえられることもある。別名に南極老人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅろうじん【寿老人】

七福神の一。長寿を授ける神。長頭で、鹿を連れ、巻物を先につけた杖つえを持つ。中国宋代の人物の偶像化ともいわれる。福禄寿との混同がある。南極老人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寿老人
じゅろうじん

七福神の一つで長寿を授ける神。中国の宋(そう)代、元祐年間(1086~93)の人物と伝えられ、その偶像化といわれている。小柄な老人が鹿(しか)を伴い、巻物をつけた杖(つえ)を携えるというのが定型の姿である。日本には禅宗伝来後における水墨画の発達に伴い、その画題の一つとして移入されたものらしい。布袋(ほてい)、福禄寿(ふくろくじゅ)とともにのちには七福神の仲間入りをして福徳神の一つともされた。しかし寿老人は瑞祥(ずいしょう)の象形とはされたが、個別に福神として信仰されるには至らなかった。なお、南極星の化身ともいわれる長頭短躯(たんく)の福禄寿と寿老人は似た性格をもっていて、異名同体とされるなど、かなり混同されてもきた。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の寿老人の言及

【七福神】より

…福徳をもたらす神として信仰される7神。えびす(夷,恵比須),大黒天毘沙門天(びしやもんてん),布袋(ほてい),福禄寿,寿老人,弁才天の7神をいうが,近世には福禄寿と寿老人が同一神とされ,吉祥天もしくは猩々(しようじよう)が加えられていたこともある。福徳授与の信仰は,狂言の《夷大黒》《夷毘沙門》などにもみられ,室町時代にはすでに都市や商業の発展にともなって広まっていたものと思われる。…

【福禄寿】より

…また,長頭短身で杖をつき鶴を伴った福禄寿という神も考え出された。この福禄寿は南極星の化身ともいわれ,また,寿老人と同一視される場合もあり,日本では七福神の一つに数えられている。【砂山 稔】。…

※「寿老人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寿老人の関連キーワード福の神(福運を授けると信じられている神々)りゅうこつ座(竜骨座)ツァガンエブゲン兵庫県淡路市里仁阿弥道八カノープス川村 暘谷河内公明吉祥模様川村暘谷城間清豊甫舟等元関良雪参候祭偶像化混同雪舟宝船

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寿老人の関連情報