藤原貞守(読み)ふじわらの さだもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原貞守 ふじわらの-さだもり

798-859 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。北家藤原楓麻呂(かえでまろ)の曾孫(そうそん)。承和(じょうわ)の変に連座して,廃太子された恒貞(つねさだ)親王の春宮亮(とうぐうのすけ)から越後権守(えちごのごんのかみ)に左遷される。承和14年ゆるされて入京。蔵人頭(くろうどのとう),右大弁をへて,仁寿(にんじゅ)3年(853)参議となり,のち式部大輔(しきぶのたいふ)をつとめた。従四位上。貞観(じょうがん)元年5月1日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android