コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原貞守 ふじわらの さだもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原貞守 ふじわらの-さだもり

798-859 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。北家藤原楓麻呂(かえでまろ)の曾孫(そうそん)。承和(じょうわ)の変に連座して,廃太子された恒貞(つねさだ)親王の春宮亮(とうぐうのすけ)から越後権守(えちごのごんのかみ)に左遷される。承和14年ゆるされて入京。蔵人頭(くろうどのとう),右大弁をへて,仁寿(にんじゅ)3年(853)参議となり,のち式部大輔(しきぶのたいふ)をつとめた。従四位上。貞観(じょうがん)元年5月1日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原貞守の関連キーワード藤原今子(1)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android