コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原貞守 ふじわらの さだもり

1件 の用語解説(藤原貞守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原貞守 ふじわらの-さだもり

798-859 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)17年生まれ。北家藤原楓麻呂(かえでまろ)の曾孫(そうそん)。承和(じょうわ)の変に連座して,廃太子された恒貞(つねさだ)親王の春宮亮(とうぐうのすけ)から越後権守(えちごのごんのかみ)に左遷される。承和14年ゆるされて入京。蔵人頭(くろうどのとう),右大弁をへて,仁寿(にんじゅ)3年(853)参議となり,のち式部大輔(しきぶのたいふ)をつとめた。従四位上。貞観(じょうがん)元年5月1日死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原貞守の関連キーワード公卿給地下の公卿石川真守百済勝義佐伯永継忠貞王藤原玄上豊然源冷源長猷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone