藤原隆衡(読み)ふじわらのたかひら

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原隆衡

没年:建仁1.2.29(1201.4.4)
生年:生年不詳
平安末・鎌倉初期の武士。奥州藤原氏3代秀衡の4男。本領が本吉荘(宮城県本吉郡)であったため,本吉冠者と称する。奥州藤原氏が滅亡した文治5(1189)年の奥州合戦の際,降人となって相模国に預けられたが,建仁1(1201)年1月の越後国住人,城長茂反乱にくみして,京都で殺された。

(大石直正)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android