コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原 咲平 フジワラ サクヘイ

1件 の用語解説(藤原 咲平の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

藤原 咲平
フジワラ サクヘイ

明治〜昭和期の気象学者 中央気象台長;東京帝大教授。



生年
明治17(1884)年10月29日

没年
昭和25(1950)年9月22日

出生地
長野県諏訪市

学歴〔年〕
東京帝大理科大学理論物理学科〔明治42年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔大正4年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞〔大正9年〕「大気中における音波の異常伝播」

経歴
明治44年中央気象台技師となり、大正9年「大気中における音波の異常伝播」を発表、学士院賞を受賞。同年ノルウェーに留学、V.ビエルクネス教授に師事、極前線論を学び、さらに英国のN.ショウの下で渦巻きの研究に従事し、11年帰国。中央気象台測候技術官養成所(現・気象大学校)主事を経て、13年東京帝大教授、15年地震研究所員兼務。同年「雲を摑む話」、昭和4年「雲」を刊行。16年5代中央気象台長となり戦時下の気象事業を統括。この間、風船爆弾の研究に参画。22年気象台長を退任、参院選に立候補したが公職追放となり、以後執筆活動に専念した。“お天気博士”として一般にも親しまれ、独創的な渦巻きに関する研究が有名。他の著書に「渦巻の実験」「日本気象学史」「群渦―気象四十年」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原 咲平の関連情報