藤堂元甫(読み)とうどう げんぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤堂元甫 とうどう-げんぽ

1683-1762 江戸時代中期の武士。
天和(てんな)3年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。伊賀上野城代をつとめる。伊勢・伊賀・志摩3国の地誌「三国地志」の編集にあたるが,宝暦12年9月6日伊賀志未完のまま死去。80歳。嗣子藤堂元福がこれをひきつぎ,13年完成させた。俳諧(はいかい)を榎本其角(きかく)にまなび,松尾芭蕉(ばしょう)の資料をあつめ,再形庵文庫をつくった。初名は元英。号は好問斎,白舌翁(はくぜつおう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android