コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤山 愛一郎 フジヤマ アイイチロウ

2件 の用語解説(藤山 愛一郎の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

藤山 愛一郎
フジヤマ アイイチロウ

昭和期の政治家,実業家 元・衆院議員(自民党);元・外相;日本国際貿易促進協会長;元・大日本製糖社長。



生年
明治30(1897)年5月22日

没年
昭和60(1985)年2月22日

出生地
東京都北区

学歴〔年〕
慶応義塾大学法学部政治科〔大正7年〕中退

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和42年〕

経歴
大正8年から財界活動に入って大日本製糖日本化学工業各社長を務め、昭和16年44歳の若さで日本商工会議所会頭となり、日航会長なども歴任。32年岸首相の懇請で、非議員のまま「絹のハンカチをぞうきんに…」と評されながら外相に就任、日米安保条約の改定交渉に当たった。33年以来衆院選に当選6回、51年には政界を引退。この間、池田・佐藤両内閣の経企庁長官のほか自民党総務会長を務め、藤山派を結成して3度総裁選にのぞんだが、いずれも敗れた。また日中貿易促進、日中国交回復促進、両議連会長、政界引退後も国際貿易促進協会(国貿促)会長として、日中関係改善に情熱を傾けた。著書に「政治わが道」「社長くらし三十年」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

藤山 愛一郎
フジヤマ アイイチロウ*


肩書
元・衆院議員(自民党),元・外相,日本国際貿易促進協会長,元・大日本製糖社長

生年月日
明治30年5月22日

出生地
東京都北区

学歴
慶応義塾大学法学部政治科〔大正7年〕中退

経歴
大正8年から財界活動に入って大日本製糖、日本化学工業各社長を務め、昭和16年44歳の若さで日本商工会議所会頭となり、日航会長なども歴任。32年岸首相の懇請で、非議員のまま「絹のハンカチをぞうきんに…」と評されながら外相に就任、日米安保条約の改定交渉に当たった。33年以来衆院選に当選6回、51年には政界を引退。この間、池田・佐藤両内閣の経企庁長官のほか自民党総務会長を務め、藤山派を結成して3度総裁選にのぞんだが、いずれも敗れた。また日中貿易促進、日中国交回復促進、両議連会長、政界引退後も国際貿易促進協会(国貿促)会長として、日中関係改善に情熱を傾けた。著書に「政治わが道」「社長くらし三十年」など。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和42年〕

没年月日
昭和60年2月22日

家族
父=藤山 雷太(実業家) 弟=藤山 勝彦(大日本製糖会長) 藤山 洋吉(日東化学工業副社長) 長男=藤山 覚一郎(大日本製糖会長)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)
新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤山 愛一郎の関連情報