コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤山 愛一郎 フジヤマ アイイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

藤山 愛一郎
フジヤマ アイイチロウ

昭和期の政治家,実業家 元・衆院議員(自民党);元・外相;日本国際貿易促進協会長;元・大日本製糖社長。



生年
明治30(1897)年5月22日

没年
昭和60(1985)年2月22日

出生地
東京都北区

学歴〔年〕
慶応義塾大学法学部政治科〔大正7年〕中退

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和42年〕

経歴
大正8年から財界活動に入って大日本製糖日本化学工業各社長を務め、昭和16年44歳の若さで日本商工会議所会頭となり、日航会長なども歴任。32年岸首相の懇請で、非議員のまま「絹のハンカチをぞうきんに…」と評されながら外相に就任、日米安保条約の改定交渉に当たった。33年以来衆院選に当選6回、51年には政界を引退。この間、池田・佐藤両内閣の経企庁長官のほか自民党総務会長を務め、藤山派を結成して3度総裁選にのぞんだが、いずれも敗れた。また日中貿易促進、日中国交回復促進、両議連会長、政界引退後も国際貿易促進協会(国貿促)会長として、日中関係改善に情熱を傾けた。著書に「政治わが道」「社長くらし三十年」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

藤山 愛一郎
フジヤマ アイイチロウ*


肩書
元・衆院議員(自民党),元・外相,日本国際貿易促進協会長,元・大日本製糖社長

生年月日
明治30年5月22日

出生地
東京都北区

学歴
慶応義塾大学法学部政治科〔大正7年〕中退

経歴
大正8年から財界活動に入って大日本製糖、日本化学工業各社長を務め、昭和16年44歳の若さで日本商工会議所会頭となり、日航会長なども歴任。32年岸首相の懇請で、非議員のまま「絹のハンカチをぞうきんに…」と評されながら外相に就任、日米安保条約の改定交渉に当たった。33年以来衆院選に当選6回、51年には政界を引退。この間、池田・佐藤両内閣の経企庁長官のほか自民党総務会長を務め、藤山派を結成して3度総裁選にのぞんだが、いずれも敗れた。また日中貿易促進、日中国交回復促進、両議連会長、政界引退後も国際貿易促進協会(国貿促)会長として、日中関係改善に情熱を傾けた。著書に「政治わが道」「社長くらし三十年」など。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和42年〕

没年月日
昭和60年2月22日

家族
父=藤山 雷太(実業家) 弟=藤山 勝彦(大日本製糖会長) 藤山 洋吉(日東化学工業副社長) 長男=藤山 覚一郎(大日本製糖会長)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

藤山 愛一郎 (ふじやま あいいちろう)

生年月日:1897年5月22日
昭和時代の政治家;実業家。衆議院議員;大日本製糖社長
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

藤山 愛一郎の関連キーワード日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約ローイ(Raymond Loewy)岸=アイゼンハワー共同声明シェラトン都ホテル東京インドネシア賠償交渉日本中小企業政治連盟日米安全保障条約安保条約討議記録佐藤栄作内閣細川 ちか子藤山愛一郎岸信介内閣自由民主党上条嘉門次結城豊太郎藤山勝彦藤山雷太生年月日安保闘争秦 米造

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤山 愛一郎の関連情報