コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤斉延 とう まさのぶ

2件 の用語解説(藤斉延の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤斉延 とう-まさのぶ

1661-1738 江戸時代前期-中期の国学者。
万治(まんじ)4年2月生まれ。対馬(つしま)(長崎県)府中藩士。伊勢(いせ)で度会延佳(わたらい-のぶよし),度会延昌(のぶまさ)に,京都で松下見林にまなぶ。厳原八幡(いずはらはちまん)宮の祠官(しかん)をつぎ,対馬の総宮司職をつとめた。元文3年11月死去。78歳。初名は定昌。通称は内蔵助。姓は別に藤原,斎藤。名は「なりのぶ」「ただのぶ」ともよむ。著作に「古語拾遺句解」など。

藤斉延 とう-なりのぶ

とう-まさのぶ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤斉延の関連キーワード松前広長武者小路実陰鬼貫上島鬼貫上島鬼貫砲術順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone