コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤木実斎 ふじき じつさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤木実斎 ふじき-じつさい

1824-1859 江戸時代後期の儒者。
文政7年生まれ。田中葵園(きえん)の子。江戸で林述斎らにまなぶ。郷里佐渡(新潟県)にかえって佐渡奉行所につかえ,学問所「修教館」の定役(じょうやく)をつとめた。安政6年1月9日死去。36歳。名は福穂。字(あざな)は子秀,子穣。通称は茂次郎。別号竹窓,北陲。著作に「趨亭日抄(すうていにっしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤木実斎の関連キーワード丸岡南陔儒者

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android