コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤森良蔵 ふじもり りょうぞう

2件 の用語解説(藤森良蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤森良蔵 ふじもり-りょうぞう

1882-1946 明治-昭和時代の教育者。
明治15年7月生まれ。藤森省吾(せいご)の兄。長野師範を退学させられ,東京物理学校(現東京理大)にまなぶ。卒業後,保科百助(ほしな-ひゃくすけ)の私塾保科塾などでおしえる。明治43年「代数学学ビ方,考ヘ方ト解キ方」を刊行。大正6年「考へ方」を創刊,主宰し,数学的思考の普及につとめた。昭和21年11月22日死去。65歳。長野県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ふじもりりょうぞう【藤森良蔵】

1882~1946) 教育者。長野県生まれ。明治末から数多くの受験参考書を著し、一世を風靡。また、高等数学の大衆化をめざして開催した講習会「日土大学」は、今日のカルチャーセンターの先駆をなす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤森良蔵の言及

【受験雑誌】より

…前者の普及につれ後者の不備を補完するために現れたのが受験参考書であり,続いて受験雑誌が現れた。最初の受験雑誌は藤森良蔵と塚本哲三による《考へ方》(1917)である。創刊号は3万部,青野文魁堂と山海堂が出資して,無料で配布された。…

【受験参考書】より

…こうして,受験参考書がその形をととのえたのは1910年前後のこととみてよい。当時の代表的な受験参考書として,藤森良蔵《幾何学・考へ方と解き方》(青野文魁堂,1910),南日恒太郎《英文和訳法》(有朋堂,1914),塚本哲三《国文解釈法》(有朋堂,1916)をあげることができる。これらは当時のベストセラーになっただけでなく,何回も改訂されて,第2次大戦後の学制改革までロングセラーとして続き,受験生に大きな影響を与えた。…

※「藤森良蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤森良蔵の関連キーワード倉橋惣三田中寛一稲毛金七佐藤タ子寺部だい仲新中森孟夫藤原喜代蔵三輪田繁子武藤良由

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone