高等数学(読み)こうとうすうがく

精選版 日本国語大辞典「高等数学」の解説

こうとう‐すうがく カウトウ‥【高等数学】

〘名〙 旧制中学校の数学の程度を超える数学の総称。高等代数、微分積分、解析幾何、抽象代数、関数論など。
※余興(1915)〈森鴎外〉「此時間は私がまだ大学にゐた時最も恐怖すべき高等数学(カウトウスウガク)の講義を聴いた時間よりも長かった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android