コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科百助 ほしな ひゃくすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科百助 ほしな-ひゃくすけ

1868-1911 明治時代の教育者。
慶応4年6月8日生まれ。郷里長野県で蓼科小学校長などを歴任。退職後,苦学生のため私塾をひらき,信濃(しなの)図書館の設立につくす。明治41年「信濃公論」を創刊し,授業料の全廃,学用品の公費支弁などを提唱した。明治44年6月7日死去。44歳。長野師範(現信州大)卒。号は五無斎。著作に「信州産岩石鉱物説明書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android