コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保科百助 ほしな ひゃくすけ

1件 の用語解説(保科百助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

保科百助 ほしな-ひゃくすけ

1868-1911 明治時代の教育者。
慶応4年6月8日生まれ。郷里の長野県で蓼科小学校長などを歴任。退職後,苦学生のため私塾をひらき,信濃(しなの)図書館の設立につくす。明治41年「信濃公論」を創刊し,授業料の全廃,学用品の公費支弁などを提唱した。明治44年6月7日死去。44歳。長野師範(現信州大)卒。号は五無斎。著作に「信州産岩石鉱物説明書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

保科百助の関連キーワード戊辰戦争桂太郎内閣岩石区スバル春風亭柳枝光の科学史早竹虎吉(初代)明治東京(都)辛亥(しんがい)革命

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone