コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤江卓三 ふじえ たくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤江卓三 ふじえ-たくぞう

1845-1887 幕末-明治時代の儒者,神職。
弘化(こうか)2年生まれ。江戸で塩谷宕陰(しおのや-とういん)らにまなび,播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩の儒官となる。戊辰(ぼしん)戦争で越後(えちご)(新潟県)に派遣され,のち新潟県判事,大阪の生国魂(いくくにたま)神社宮司をつとめた。明治20年死去。43歳。播磨出身。著作に「十八史略釈義」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤江卓三の関連キーワード明治時代弘化儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android