コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田宗兵衛 ふじた そうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田宗兵衛 ふじた-そうべえ

1780-1843 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
安永9年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)甲賀郡宇田(うった)村の庄屋。天保(てんぽう)13年幕府勘定方の検地に反対して1万2000人の農民が蜂起(ほうき)した三上騒動の指導者のひとり。強訴は成功したが,土川平兵衛らとともに捕らえられ,天保14年3月江戸への護送中に病死。64歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤田宗兵衛
ふじたそうべえ
(1780―1843)

江戸時代、天保(てんぽう)期の義民。近江(おうみ)国甲賀(こうか)郡宇田(うった)村(滋賀県甲賀市水口(みなくち)町)の庄屋(しょうや)。1842年(天保13)幕府勘定方市野茂三郎が検地増徴をしようとしたのを、野洲(やす)、甲賀、栗田(くりた)3郡の百姓およそ1万人が蜂起(ほうき)して阻止した(三上騒動、甲賀一揆)。宗兵衛はその指導者の1人として逮捕され、江戸へ送られる途中病死した。野洲市三上山中腹に、このときの犠牲者の徳をしのぶ大きな記念碑が建っている。[横山十四男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤田宗兵衛の関連キーワード武装中立同盟ペスタロッチライトマリアテレジアマリアテレジアティチングコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)ベリマン(Torbern Olaf Bergman)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone