三上山(読み)ミカミヤマ

デジタル大辞泉 「三上山」の意味・読み・例文・類語

みかみ‐やま【三上山】

滋賀県南部の野洲やす市にある山。標高432メートル。俵藤太たわらとうた大百足むかで退治の伝説がある。近江富士おうみふじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「三上山」の意味・読み・例文・類語

みかみ‐やま【三上山】

滋賀県野洲市にある山。御上神社の祭神の降臨地といわれ、古くから神体山とされた。藤原秀郷のムカデ退治伝説の地。近江富士。標高四三二メートル。御上山。御神山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本歴史地名大系 「三上山」の解説

三上山
みかみやま

野洲川東岸にある。標高四三二メートル。御上みかみ山・御神みかみ山とも記され、その秀麗な山容から近江富士、俵藤太のむかで退治伝説からむかで山の別名がある。山と山に分れた頂上部には巨大な磐座がある。古代より御上(三上)神社の神体山とされる。中世末期の作成とされる三上古跡図および三上大寺四至図(御上神社蔵)によれば、「三上大明神降臨ノ地」をはじめ、本宮・八大竜王・三大神などの旧跡東光とうこう寺の南院本命ほんみよう寺・千手せんじゆ庵などの遺跡がある。

当山付近は悠紀斎田に度々指定されており、「みかみの山」は大嘗会の風俗歌や屏風歌にとりあげられた歌枕であった。「拾遺集」巻第一〇神楽歌には清原元輔の「よろづ世をみかみの山のひびくにはやす河の水すみぞあひにける」、大中臣能宣の「ちはやぶるみ神の山のさか木ばはさかえぞまさるすゑの世までに」などを載せる。「千載集」巻第一〇賀歌には「今上御時、元暦元年大嘗会悠紀方風俗歌三神山をよめる」として、藤原季経の「ときはなるみかみの山のすぎむらややほ万代のしるしなるらん」の一首がある。また「後鳥羽院御集」詠五百首和歌(冬五十首)には「あふみのやにほてる月ははれにけりみかみのたけは猶しぐれつつ」、「西行法師家集」には「しのはらやみかみのたけを見渡せば一夜の程に雪は降りけり」と詠まれる。

当山は説話集紀行文学などにも登場する。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「三上山」の意味・わかりやすい解説

三上山
みかみやま

滋賀県中南部、野洲市(やすし)にある山。琵琶(びわ)湖陥没時の残丘で標高432メートル。美しい山容から「近江富士(おうみふじ)」の名で親しまれ、歌枕(うたまくら)としても詠まれてきた。頂上は雄山と雌山に分かれ、古くから神体山として信仰の対象とされてきた。現在も山頂部に磐座(いわくら)がある。『延喜式(えんぎしき)』所収の御上(みかみ)神社もかつては山頂にあったが、現在では山麓(さんろく)に祀(まつ)られている。この地は安国造(やすのくにのみやつこ)の本拠地であると伝えられ、山麓一帯の遺跡などから強大な政治的権力が存在したことは確実であるといってよい。藤原秀郷(ひでさと)(俵藤太(たわらとうた))の百足(むかで)退治の伝説からムカデ山ともよばれる。

高橋誠一


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「三上山」の意味・わかりやすい解説

三上山 (みかみやま)

滋賀県南部,野洲(やす)市にある山。標高432m。古生層の岩石からなる円錐形の孤立丘で,〈近江富士〉とも呼ばれ,俵藤太(たわらとうだ)(藤原秀郷(ひでさと))のムカデ退治の伝説(《俵藤太物語》)で知られている。山頂は雄山と雌山に分かれ,古くから信仰の対象となった神体山で,巨大な磐座(いわくら)がある。山麓の御上(みかみ)神社は《延喜式》の式内社で,鍛冶・農業の祖神の天之御影命をまつっており,国宝の本殿をはじめ拝殿,楼門など鎌倉時代の建築が残っている。三上田上信楽(みかみたなかみしがらき)県立自然公園に属し,山頂からの湖南地方の眺望がすばらしい。西麓に国道8号線が通じ,JR東海道本線の野洲駅,名神高速道路の栗東(りつとう)インターチェンジにも近接していて交通の便がよいので,近年,山麓一帯では住宅団地が急増している。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「三上山」の意味・わかりやすい解説

三上山【みかみやま】

滋賀県野洲町南部の山。標高432m。円錐形の山で近江(おうみ)富士と呼ばれる。《日本霊異記》や紀行文学にみえ,また歌枕としても知られる。俵藤太(藤原秀郷)のムカデ退治の伝説があり,山麓に御上(みかみ)神社がある。
→関連項目野洲[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「三上山」の意味・わかりやすい解説

三上山
みかみやま

滋賀県南部,野洲市の南部にある山。標高 432m。近江富士とも呼ばれる優美な山容をもつ。藤原秀郷のムカデ退治の伝説がある。山名は御神山が転じたもの。三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android