三上山(読み)みかみやま

日本大百科全書(ニッポニカ)「三上山」の解説

三上山
みかみやま

滋賀県中南部野洲市(やすし)にある。琵琶(びわ)湖陥没時の残丘で標高432メートル。美しい山容から「近江富士(おうみふじ)」の名で親しまれ、歌枕(うたまくら)としても詠まれてきた。頂上は雄山と雌山に分かれ、古くから神体山として信仰の対象とされてきた。現在も山頂部に磐座(いわくら)がある。『延喜式(えんぎしき)』所収の御上(みかみ)神社もかつては山頂にあったが、現在では山麓(さんろく)に祀(まつ)られている。この地は安国造(やすのくにのみやつこ)の本拠地であると伝えられ、山麓一帯の遺跡などから強大な政治的権力が存在したことは確実であるといってよい。藤原秀郷(ひでさと)(俵藤太(たわらとうた))の百足(むかで)退治伝説からムカデ山ともよばれる。

[高橋誠一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「三上山」の解説

三上山【みかみやま】

滋賀県野洲町南部の山。標高432m。円錐形の山で近江(おうみ)富士と呼ばれる。《日本霊異記》や紀行文学にみえ,また歌枕としても知られる。俵藤太(藤原秀郷)のムカデ退治の伝説があり,山麓に御上(みかみ)神社がある。
→関連項目野洲[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三上山」の解説

三上山
みかみやま

滋賀県南部,野洲市の南部にある山。標高 432m。近江富士とも呼ばれる優美な山容をもつ。藤原秀郷のムカデ退治の伝説がある。山名は御神山が転じたもの。三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三上山」の解説

みかみ‐やま【三上山】

滋賀県野洲市にある山。御上神社の祭神の降臨地といわれ、古くから神体山とされた。藤原秀郷のムカデ退治伝説の地。近江富士。標高四三二メートル。御上山。御神山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三上山」の解説

みかみ‐やま【三上山】

滋賀県南部の野洲やす市にある山。標高432メートル。俵藤太たわらとうた大百足むかで退治の伝説がある。近江富士おうみふじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「三上山」の解説

みかみやま【三上山】

滋賀県南部,野洲(やす)郡野洲町にある山。標高432m。古生層の岩石からなる円錐形の孤立丘で,〈近江富士〉とも呼ばれ,俵藤太(たわらとうだ)(藤原秀郷(ひでさと))のムカデ退治の伝説(《俵藤太物語》)で知られている。山頂は雄山と雌山に分かれ,古くから信仰の対象となった神体山で,巨大な磐座(いわくら)がある。山麓の御上(みかみ)神社は《延喜式》の式内社で,鍛冶・農業の祖神の天之御影命をまつっており,国宝本殿をはじめ拝殿楼門など鎌倉時代の建築が残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android