コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上山 みかみやま

7件 の用語解説(三上山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三上山
みかみやま

滋賀県南部,野洲市の南部にある山。標高 432m。近江富士とも呼ばれる優美な山容をもつ。藤原秀郷ムカデ退治の伝説がある。山名は御神山が転じたもの。三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みかみ‐やま【三上山】

滋賀県南部の野洲(やす)市にある山。標高432メートル俵藤太(たわらとうた)の大百足(むかで)退治の伝説がある。近江富士(おうみふじ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三上山【みかみやま】

滋賀県野洲町南部の山。標高432m。円錐形の山で近江(おうみ)富士と呼ばれる。《日本霊異記》や紀行文学にみえ,また歌枕としても知られる。俵藤太(藤原秀郷)のムカデ退治の伝説があり,山麓に御上(みかみ)神社がある。
→関連項目野洲[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みかみやま【三上山】

滋賀県南部,野洲(やす)郡野洲町にある山。標高432m。古生層の岩石からなる円錐形の孤立丘で,〈近江富士〉とも呼ばれ,俵藤太(たわらとうだ)(藤原秀郷(ひでさと))のムカデ退治の伝説(《俵藤太物語》)で知られている。山頂は雄山と雌山に分かれ,古くから信仰の対象となった神体山で,巨大な磐座(いわくら)がある。山麓の御上(みかみ)神社は《延喜式》の式内社で,鍛冶・農業の祖神の天之御影命をまつっており,国宝の本殿をはじめ拝殿,楼門など鎌倉時代の建築が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みかみやま【三上山】

滋賀県野洲やす市にある円錐状の山。海抜432メートル。俵藤太(藤原秀郷)の百足むかで退治の伝説が残る。近江富士。⦅歌枕⦆ 「ちはやぶる三上の山のさかき葉はさかえぞまさる末の世までに/拾遺 神楽

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕三上山(みかみやま)


滋賀県中部、琵琶(びわ)湖南岸の近江(おうみ)盆地に屹立(きつりつ)する山。標高432m。みごとな円錐(えんすい)形をしており、近江富士とも。西麓(せいろく)にある御上(みかみ)神社はかつて山頂にあったといわれる。俵藤太(たわらのとうた)(藤原秀郷(ふじわらのひでさと))のムカデ退治の伝説が残る。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上山
みかみやま

滋賀県中南部、野洲(やす)市にある山。琵琶(びわ)湖陥没時の残丘で標高432メートル。美しい山容から「近江(おうみ)富士」の名で親しまれ、歌枕(うたまくら)としても詠まれてきた。頂上は雄山と雌山に分かれ、古くから神体山として信仰の対象とされてきた。現在も山頂部に磐座(いわくら)がある。『延喜式(えんぎしき)』所収の御上(みかみ)神社もかつては山頂にあったが、現在では山麓(さんろく)に祀(まつ)られている。この地は安国造(やすのくにのみやつこ)の本拠地であると伝えられ、山麓一帯の遺跡などから強大な政治的権力が存在したことは確実であるといってよい。藤原秀郷(ひでさと)(俵藤太(たわらとうた))の百足(むかで)退治の伝説からムカデ山ともよばれる。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三上山の関連情報