コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野洲 やす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野洲
やす

滋賀県南部,野洲市南部の旧町域。野洲川日野川の間の沖積地と東部の丘陵地からなる。1911年町制。1942年三上村,1955年篠原村,祇王村と合体。2004年中主町と合体して野洲市となった。中心地区の野洲は朝鮮人街道中山道の交点にあたる宿場町として栄え,江戸時代は「野洲さらし」の産地として知られた。今日では薬品,ボイラ,塗料,コンピュータなどの工場が立地。周辺は近江米の代表的産地。銅鐸の出土地として知られ,甲山古墳,円山古墳を含む 8古墳が大岩山古墳群として国の史跡に指定されている。御上神社本殿と大笹原神社本殿は国宝。円光寺の九重塔をはじめ,国指定重要文化財のある社寺も多い。三上山(432m)は近江富士とも呼ばれ,三上・田上・信楽県立自然公園に属する。三上山東麓に希望が丘文化公園がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やす【野洲】

滋賀県中南部、野洲川琵琶湖に注ぐ下流北岸にある市。近江(おうみ)富士と呼ばれる三上山がある。平成16年(2004)中主(ちゅうず)町、野洲町が合併して成立。人口5.0万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やす【野洲】

滋賀県南部の市。野洲川と日野川に挟まれた地域で、北西部は琵琶湖に面する。古来交通の要地で、江戸時代には中山道の宿場町として発展。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野洲
やす

滋賀県中南部、野洲郡にあった旧町名(野洲町(ちょう))。現在は野洲市の南東部を占める地域。旧野洲町は1911年(明治44)町制施行。1955年(昭和30)篠原(しのはら)、祇王(ぎおう)の2村と合併。2004年(平成16)野洲郡中主(ちゅうず)町と合併、市制を施行して野洲市となる。旧町域は野洲川の東岸に位置し、南東部は鏡山、南部には三上(みかみ)山と丘陵、北西部には沖積地が広がる。JR東海道本線(琵琶湖(びわこ)線)、国道8号が並行して走る。24個の銅鐸(どうたく)を出土した小篠原(こしのはら)の遺跡をはじめ古代史上注目される史跡が多く、強大な政治権力が存在したと推定しうる。『延喜式(えんぎしき)』の野洲駅も置かれ、古来交通の要地とされ、近世は中山道(なかせんどう)と朝鮮人街道の分岐点にあたった。『更級(さらしな)日記』などに野洲の名が多くみられる。水田農業の町であったが、近年は繊維、食品、薬品工業などが立地し、住宅地化も著しい。国宝の大笹原(おおささはら)神社本殿、御上(みかみ)神社本殿のほか国指定重要文化財が多い。大岩山古墳群は国指定史跡。県立希望が丘文化公園などの文化施設もある。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野洲の関連情報