藤田若雄(読み)ふじた わかお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田若雄 ふじた-わかお

1912-1977 昭和時代の労働法学者。
大正元年11月2日生まれ。住友鉱業につとめ,昭和21年同社職員組合委員長。24年東大社会科学研究所にはいり,43年教授となる。労働組合を誓約集団ととらえる理論を展開。48年国際基督教大教授。昭和52年1月2日死去。64歳。北海道出身。東京帝大卒。著作に「労働組合の構造と機能」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android