コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤紫 ふじむらさき

色名がわかる辞典の解説

ふじむらさき【藤紫】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい」としており、文章表現では藤色と同じだが、色を数値で表した場合は藤色よりも少し濃くなっている。一般に、藤色がかったのこと。藤色より紫みが強い。平安時代から江戸時代にかけて人気のあった藤色と高貴な色である紫を組み合わせた色。一種の復古的な気分を表す色とされ、江戸後期以降の色名と考えられている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐むらさき〔ふぢ‐〕【藤紫】

藤の花のような紫の薄い色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじむらさき【藤紫】

(藤の花のような)薄い紫色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤紫の関連キーワードビジョザクラ(美女桜)ペラルゴニウムシオン(紫菀)キンギョソウアガパンサスホテイアオイイワフジツボ国井 紫香シザンサス大滝 愛子加藤郁乎藤間 紫国井紫香紫芳山人藤の花フジ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤紫の関連情報