コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤色 ふじいろ

色名がわかる辞典の解説

ふじいろ【藤色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「明るい青紫」としている。一般に、フジの花のような薄い色のこと。フジはマメ科つる性落葉樹で、春に房のように連なった花を咲かせ、その薄紫の景観は美しい。平安期から近世にかけて女性の着物に愛用され、多くの文学作品にも色名として使われる。かさね色目いろめの名でもあり、表は薄紫、裏はなど。派生した色名には藤納戸なんど藤紫鼠などがある。現在でも人気は高い。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじ‐いろ〔ふぢ‐〕【藤色】

の花のような薄い紫色。「藤色の帯締め」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじいろ【藤色】

藤の花のような色。薄い紫色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

藤色の関連キーワードコムラサキ(小紫)タイワンレンギョウヒマラヤン[種]ストロビランセスウィスタリア洋種朝鮮朝顔シャムネコ犬サフラン西洋松虫草フジクジラエピスキアフジバカマデュランタ尾長鶏諸葛菜藤の花サガン兜羅綿生種喪服

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤色の関連情報