コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤野孫一 ふじの まごいち

2件 の用語解説(藤野孫一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤野孫一 ふじの-まごいち

1701-1784 江戸時代中期の植林家。
元禄(げんろく)14年生まれ。隠岐(おき)(島根県)周吉(すき)郡布施村の人。医師原玄琢(げんたく)から植林をまなび,船田兵右衛門ら親族の協力をえてスギの種子を購入,実生苗をそだてて植林をおこなった。事業は成功し,村民も造林にはげむようになった。天明4年死去。84歳。本姓は木下。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤野孫一

没年:天明4(1784)
生年:元禄14(1701)
江戸中期,隠岐島布施村造林の始祖。隠岐国(島根県)周吉郡布施村木下庄右衛門の子として生まれ,のち藤野与平次の養子となる。青年期に隣村の医師原玄琢から造林業の有利なこと,杉樹試植の実験談を聞かされ,造林事業を企画,村人を説得したが,村人は耳をかさず,わずかに親戚の船田兵右衛門,長田新六,佐原長兵衛の3名が協力,孫一が伊勢参宮の帰途持ち帰った杉実をもとに植林に着手,30年後の安永(1772~81)のころ成育した杉を伐採,巨額の利益を得た。そのためいったんは嘲笑した村人もこれに倣って造林に励み,以後事業利益は村最大の収入源となった。<参考文献>島根県隠岐支庁編『隠岐島誌』

(松尾寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤野孫一の関連キーワード隠岐諸島大山隠岐国立公園島前隠岐隠岐院隠岐島水若酢神社いそっ子隠岐米史原玄琢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone