藪萱草(読み)ヤブカンゾウ

精選版 日本国語大辞典の解説

やぶ‐かんぞう ‥クヮンザウ【藪萱草】

〘名〙 ユリ科の多年草。各地の原野の溝の縁や堤に生える。高さ〇・八~一・二メートル。葉は広線形、中央で縦に二つに折れ長さ四〇~六〇センチメートル。夏の日中、橙赤色のユリに似た八重咲きで径八センチメートルぐらいの漏斗状花を開く。花被片は長楕円形で内面に暗紫色のぼかしがある。若葉は食べられる。漢名、萱草。おにかんぞう。けんそう。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android