蘭山正隆(読み)らんざん しょうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘭山正隆 らんざん-しょうりゅう

1713-1792 江戸時代中期の僧。
正徳(しょうとく)3年生まれ。臨済(りんざい)。月船禅慧(げっせん-ぜんね),太道文可に師事し,古月禅材の法をつぐ。豊前(ぶぜん)開善寺(福岡県)住持ののち,宝暦9年京都妙心寺首座となった。寛政4年4月29日死去。80歳。出羽(でわ)山形出身。号は積翠諡号(しごう)は円機妙応禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android