コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開善寺 かいぜんじKai-shan-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開善寺
かいぜんじ
Kai-shan-si

中国,河北省新城県県城内にあり,俗称大寺。境内の重要な遺構は遼代の建築と考えられる大殿で,桁行5間 (25.8m) ,梁行3間 (14.4m) ,単層寄棟造で前面に月台をもつ大建築である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の開善寺の言及

【霊谷寺】より

…江蘇省南京市東北の鐘山(しようざん)(蔣山,一名紫金山)にある。創建時には開善寺と称し,宋の太平興国5年(980)に太平興国寺の寺額を賜うなど,数度の改称を経て,明の1381年(洪武14)に孝陵造営のため,当寺を東方に移築し,霊谷寺と改称された。かつて鐘山に存した70寺中最も著名で,かつ故址はやや移っているものの,歴代の修復を経て,当地に現存する唯一の寺である。…

※「開善寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android