蘭麝(読み)らんじゃ

精選版 日本国語大辞典「蘭麝」の解説

らん‐じゃ【蘭麝】

〘名〙 草(ふじばかま)と麝香(じゃこう)の香り。また、よい香り。
※玉造小町子壮衰書(10C後)「気香馥之貌、不蘭麝散風之匂
※和漢朗詠(1018頃)下「君がために衣裳に薫(たきもの)すれども君蘭麝を聞(か)ぎながら馨香ならずとおもへり〈白居易〉」 〔晉書‐石崇伝〕
[語誌](1)の白居易の新楽府「太行路」が挙例のように「和漢朗詠」にとられたところから一般に知られるようになり、美しい女性の袖や衣にたきしめた芳香描写に多く用いられる。
(2)東大寺に伝えられた香木に「蘭奢待(らんじゃたい)」というものがあり、これと混じて、「蘭奢」と表記されることもある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蘭麝」の解説

らん‐じゃ【××麝】

蘭の花と麝香(じゃこう)の香り。また、よい香り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android