コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎渓道壬 こけい どうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎渓道壬 こけい-どうじん

?-1377 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の宗峰妙超(しゅうほう-みょうちょう)の法をつぐ。元(げん)(中国)で師の訃報(ふほう)をきき,同地永住を決意するが,日本にいる同門徹翁義亨(てっとう-ぎこう)のすすめで帰国し,大徳寺の住持となった。永和3=天授3年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虎渓道壬の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android