コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎渓道壬 こけい どうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎渓道壬 こけい-どうじん

?-1377 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。京都大徳寺の宗峰妙超(しゅうほう-みょうちょう)の法をつぐ。元(げん)(中国)で師の訃報(ふほう)をきき,同地永住を決意するが,日本にいる同門徹翁義亨(てっとう-ぎこう)のすすめで帰国し,大徳寺の住持となった。永和3=天授3年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虎渓道壬の関連キーワード南北朝時代臨済

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android