コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒羊朝 こくようちょうQara-qoyunlu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒羊朝
こくようちょう
Qara-qoyunlu

イラクおよびイラン西部を支配したトルクメン系王朝 (1377頃~1469) 。ジャラーイル朝に仕えていたカラ・コユンル族のバイラム・ホジャ (在位?~1380) が,1377年頃モスルを中心にディヤルバクル地方に主権を確立して創始。カラ・ユースフ (在位 90頃~1420) のとき,チムール (帖木児) に敗れ,一時領土を失ったが,やがて勢力を回復し,1406~08年にはチムール朝からアゼルバイジャンを,10年にはジャラーイル朝からイラクを奪った。ジャハーン・シャー (在位 39~67) のとき,チムール朝の衰退に乗じて,レイ,イスファハンファールスケルマーンに支配を拡大したが,ジャハーン・シャーが白羊朝ウズン・ハサンに殺されると急速に衰え,69年白羊朝によって滅ぼされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の黒羊朝の言及

【カラ・コユンル朝】より

…1375ころ‐1469年。黒羊朝(こくようちよう)ともよばれる。史書中ではバラーニーBarānīとして知られる。…

※「黒羊朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒羊朝の関連キーワードカラ・コユンル朝キャブードモスクイスファハーンシャー・ルフマルディン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android