虹彩認識(読み)こうさいにんしき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

虹彩認識

バイオメトリクス認証(生体認証)のひとつで、本人かどうかの識別に虹彩(眼球の黒目の部分)を利用する認証方式。網膜認識では双眼鏡のような入力装置に約1cmの距離まで近づく必要があるが、虹彩認識では60~90cm程度離れた状態でも認識できるという特徴がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android